久仁子のへや

Kuniko’s Blog

2011年11月04日

気仙沼の麦茶煎り鍋

少し前の話になりますが、気仙沼の三浦さんご夫婦がいらっしゃいました。 探していたのは麦茶を煎る大きな鍋。 OIGENの直売所で「もう少しこういう鍋、ちょっとこうなっていれば。。。」といろいろな鍋を首をかしげながら見ていました。そこで見つけたのが昭和初期の大きな煎り鍋。もちろん、昔の商品なので、今は商品化していません。しかし、三浦さんはこの鍋を何とか作ってくれないかと熱心でした。 その熱心さに打たれまして、「麦茶を煎るならば、上等焼きをした上等鍋の方が、南部鉄器よりも適している」とお話し、まず 昔の鍋を型にして、煎り鍋を作ってみましょう、とお話しました。 で、上の写真は、出来上った【上等昔ながら煎り鍋】と三浦ご夫婦です。 震災後の大きな第一歩にこの上等鍋がお役にたてれば幸いです。 その後、三浦さんから 麦茶を煎って 被災をした方々にお茶を ふるまっている写真が届きました。 美味しい愛情たっぷりの麦茶が ふるまわれたことでしょう。 三浦さん、頑張ってください。 そして、上等鍋を煎り鍋に使った方は実は 料理研究家の冬木れいさん。 上等鍋をニュルンベルクのオーガニック見本市に出展する際に、冬木さんにお話を伺った際に 「皿のようなオーバルパンでお茶を煎りましょう。オーガニックで、日本らしいですよ。」と言って煎ってくださいました。その時の写真です。 使用している鍋は 【NakedPanオーバル】
2011年10月11日

10月2日 元気に97歳に!

10月1日・2日は奥州市の【南部鉄器まつり】。加えて2日はタミさん97歳の誕生日でした。
OIGENスタッフが作ってくれたタミパン2段重ねケーキにろうそくをともして・・・

ケーキを作ってくれたスタッフが「ろうそくも持ってきました!」と言った時にはどーなるのだろう!!と思ったのですが、数字でと97というろうそくだったので、ほっ。。。
CIMG3154.JPG






   














 みんなに【ハッピィバースディ】を歌ってもらって、タミさん感激!
CIMG3157.JPG














誕生日の朝に、「タミさんおめでとー」と言われて、出た言葉が
「私もね~76になってね~」
いやいやあなたの娘が76です。
CIMG3160.JPG














2011年09月22日

陸前高田のオートキャンプ場【モビリア】の蒲生さん

OIGENにはAutoCamp新聞が毎月届きます。
いつもはちらほら眺めるだけなのですが、ここ4カ月はある記事にくぎ付けになりました。
3.11で被災した陸前高田のオートキャンプ場の記事です。
書いていたのはそこの支配人の蒲生哲さん。
ずいぶん前にダッチオーブンのイベントでお世話になった方でした。

地震が起こってからの津波の様子がリアルに綴られています。
彼もたくさんの友人・親戚を亡くされたそうです。
お悔やみ申し上げます。

CIMG3027.JPG
















 さて、このキャンプ場は広田半島の先の高台にあり、津波の被害はうけませんでした。津波で町を追われた人たちは必然的に高台にあるキャンプ場を目指しました。
ここは、たくさんの被災者の受け皿となったのです。

モビリアにはキャンプ場という特質が幸いし、飲み水がありました。毛布がありました。そして、何よりも蒲生さんと言うリーダーがいました。蒲生さんの明るいお人柄がたくさんの人たちを勇気づけたことでしょう。
記事の中には被災の大変さとともに、キャンプ場が持つ大きな役割についても語られています。前向きな彼の姿に久仁子はただ感激するばかりです。

まだまだ大変なことは多いと思いますが、応援しています!


















OIGENでは2003年の5月4日と9月14日にダッチオーブンのイベントでお世話になりました。
一日も早く、この写真のように、普通の家族連れが楽しめるキャンプ場に戻りますように。。。












2011年09月12日

信頼を失うという経験

 先日、お客さまからのご質問に、私どもで不適切な対応をしてしまい、お客様に大変失望を与えてしまいました。
 その方は、私どもの商品のみならず、私たちの仕事も応援してくれていた方で、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
 ご質問に対する不適切な対応に関しては、すぐ担当を集めて話し合いをして、「二度とこのようなお客様にがっかりさせるようなことをしてはいけない」と話しました。しかし、今まで応援してくださっていた方だからこそ、私どもの対応をお許しにはならないかもしれません。しかし“不適切な対応である”とご指摘いただきまして本当に感謝しております。
 私どもでは、また一からお客様のお気持ちに沿いながら、お顔が見えない分丁寧な対応を心がけていきたいと思っております。
 
2011年08月23日

タミさん Came to OIGEN again

2011.8.21

石巻に帰っていたタミさんが8月にまた水沢にやってきました。
リニューアルしたOIGENの直売所でパチリ。

6449520d.jpeg  


























今年のお盆は石巻のお墓が津波で壊滅状態のため、
いつもの年とは大違い。信心深いタミさんにとってつらいものとなりました。
でも、いつもの朝のお勤め(仏壇の前で御経を唱えます)はきっとご先祖様に届いていることでしょう。
 
「朝は礼拝。昼は汗。夜は感謝で眠りましょう。」
これは、石巻の近江家で伝えている仏様へ手を合わせるときの唱え文句です。ご先祖様に教えられたこのお唱えは今でも、子供たち孫たちひ孫たちが毎日口にして、ご先祖様へ手を合わせているわけです。

8.20.JPG



















東京から来た ひ孫と一緒にパチリ。

女の子がひ孫の中でも一番末っ子の 愛ちゃん。小学校一年生です。
一番大きいひ孫は、石巻の栞菜さんと水沢の悠太郎君。高校3年生です。
ひ孫は全部で12人。
ひ孫たちともコミュニケ-ションのとれる97歳!
なかなかいませんよ!