久仁子のへや

畑でタミパンに合った甥

タミさんの甥の勝倉さんは南三陸町で津波にあい、自宅は全滅。残ったのは高台の畑。その畑には仮設住宅が建っています。その脇の残った畑で作業をしていた時のことです。仮設住宅に暮らしている方が、「お茶の時間だから、これを食べて。」と持ってきたのは【タミパン】そして「これで作ったのよ」とタミさんのパン焼器とレシピを見せてくれました。勝倉さんはびっくりして「これは私のおばさんです!タミさんです!」と話したそうです。そうしたらそこにいた別の女性が「じゃ、一つ注文するわ」とオーダーをしてくれました。

oigen
タミさんのパン焼器で焼いたプレーンなパン・ほわほわです。

津波でタミさんのパン焼器が流されてしまった。というお客様も昨年いらっしゃいましたが、この方のタミパンは津波にも無事に残り今でも活躍中。嬉しいです。

(写真は文章の方のパンではありません。)

 

関連記事

オンラインショップ

オンラインショップ

焼き焼きグリルシリーズ

オンラインショップ|ブランド

鉄器入門

鉄器入門

スタートシーズニング

愉しむをたのしむ

お手入れ方法

お手入れ方法

鉄鍋

お手入れ方法

お問い合わせ

お問い合わせ

レストラン・シェフの方

お問い合わせ