久仁子のへや

パン焼器のタミさん ひ孫たちとパンを焼きました

photo01.jpg

いつも私のパン焼器を応援していただいて
本当にありがとうございます。

孫からいろいろなインターネットのところで
このパン焼器が
売られていることを教わりました。

それがとてもお安いんですね。
びっくりしました。

私の知らない方々がこのパン焼器を
そんなに安く売っていることは
戦後の子供たちとの思い出までが
なんだか悲しい事になっている気がして
残念です。

photo02.jpg photo03.jpg

 
 
 何もかもが荒れ果て 食料も乏しい戦後の焼け野原。
 雑草の中、ただひたむきに咲くアザミの花に 強く心をうたれたのを思い出します。

 生きることに懸命でひたむきな時代でした。
 そんな時代と重なり合うのが、このパン焼器です。

関連記事

オンラインショップ

オンラインショップ

焼き焼きグリルシリーズ

オンラインショップ|ブランド

鉄器入門

鉄器入門

スタートシーズニング

愉しむをたのしむ

お手入れ方法

お手入れ方法

鉄鍋

お手入れ方法

お問い合わせ

お問い合わせ

レストラン・シェフの方

お問い合わせ