鉄器のふかぼり

鉄急須を愉しむ

 

鉄の急須の誕生

南部鉄器の急須は、昭和10年ごろに一人の鋳物職人が作りました。当時は北海道に鉄瓶の営業をしていましたが、一人で運べる鉄瓶の数は限られていました。印刷技術もまだ存在せず、カタログもない時代です。

そこで、鉄瓶を小さく作ってたくさん持ち運べるようにしたのです。彼らは、印刷物のない時代にお客様の前で「これの1升の大きさの鉄瓶は・・・」と営業をしたことでしょう。時代が変わり、小さな鉄瓶はカタログとしての役目を終え、急須となって甦ったのです。

急須の特徴

急須を冷やすと、おいしい冷茶や冷酒を愉しむこともできます。 ムラのないほうろう加工技術で、内側は錆びません。 蓄熱性が高いため、急須の中で保温できます。 洗剤で洗うことができるので、匂いが残りません。 鉄鋳物なので耐久性があります。

「まろみアラレ」や「千草」など、丸型の急須は茶こしが広く、茶葉がしっかりと開くので、煎茶などをおいしく淹れることができます。

おいしい煎茶を淹れる 湯飲み2杯分(0,25ℓ)の場合 ①事前に温めておいた急須に、茶葉4~5gを入れる(ティースプーン2杯弱)。 ②湯冷ましにお湯(0,25ℓ)を入れ、1分ほど冷ます。 ③急須にお湯を注ぎ、1分蒸らせば完成。 事前に急須を温めることで急激な温度変化を抑え、適温で蒸らすことができます。 79度以下のお湯で茶葉を蒸らすことで苦みを抑え、甘みのあるお茶になります。 スッキリとした熱いお茶が好きな方は、熱湯を使い、蒸らさずにすぐ湯飲みに注いでもおいしくなりますよ!

「平型糸目」「壷型筋目」「たまご形」など、平たい急須や茶こしの小さな急須は、茶葉が開く必要のない、そば茶やティーバッグなどのお茶がおすすめです。

急須の中にティーバッグを入れ、多めに紅茶を作っておけば、みんなで分け合え、ティータイム中は急須の中で保温できます。 ※欧米のティーポットは、ティーコージという布を被せることで保温しています。 そば茶、黒豆茶、ルイボスティー、椿茶などはノンカフェインのため、妊娠中の方や授乳期の方におすすめ。 ※念のために医師に確認した方が安心。また、アレルギーの方も確認を。 色々なお茶を淹れる 番茶、ほうじ茶 ①茶葉を入れた急須に熱湯を入れ、蒸らさずに湯飲みへ注いで完成。 紅茶(茶葉) ①事前に温めておいた急須に、茶葉2,5~3gを入れる。 ②急須に熱湯を注ぎ、2~3分蒸らせば完成。 中国茶(固形タイプ) ①急須に茶葉を入れ、熱湯を注ぎ、捨てる。これを2回ほど繰り返す。(表面のほこりを取る、茶葉を開かせる、急須を温めるため) ②熱湯を注ぎ、5分ほど蒸らせば完成。 茶葉で紅茶を淹れる場合は、沸騰したての熱湯を勢いよく注ぐことで、茶葉が対流し、おいしく淹れることができます。 ※ティーバッグの場合は静かに注ぎましょう。 ティーバッグは、茶葉が細かいものが多いため、蒸らす時間は短くて大丈夫です。 フランス人の男性が言いました。 鉄急須のデザインはとても端正で、モダンと古風が一度に表現されています。日本の伝統を象徴するものだと感じます。 日本の鉄急須を使い、ヨーロッパで紅茶を味わうことは家庭で東西の文化交流を愉しむことでもあります。

 


タグ:

関連記事

愉しむをたのしむ

急須の始まり

南部鉄の急須は水沢で生まれた

愉しむをたのしむ

ラッピング・熨斗

ラッピング・熨斗

ギフトラッピングについて

お知らせ

南部鉄器オンラインショップ

オンラインショップ

南部鉄器の老舗OIGEN

オンライン通販

久仁子のへや

非公式な販売サイト

久仁子のへや

愉しむをたのしむ

及源品質

及源品質

及源品質

及源について

刻印について

刻印について

「OIGEN」「南部盛栄堂」 刻印について

お知らせ

ものづくり/歴史

ものづくり/歴史

ものづくり/歴史

及源について

お問い合わせTOP

お問い合わせTOP

お問い合わせTOP

お問い合わせ