久仁子のへや

シドニーからエディとミッシェル

6月20日シドニーの得意先のスタッフ・エディがGFのミッシェルと来社しました。昨年の10月にシドニーで会って以来約8カ月。シドニーで彼はタミパンでもっちりしたパンを焼いてくれましたし、ミッシェルもタミパンのファンで、彼女自身もタミパンを焼きます。

oigen

エディと現場視察。

 

現場を見た後に、奥州市の秋田よりにある農家レストラン「まだ来すた]に行きました。ここは【ぬか釜】で炊いたごはんが最大の魅力のレストラン!OIGENから車で30分以上かかりますが、エディもミッシェルも大喜び。

oigen

これが、【ぬか釜】 究極のエコ熱源。ぬかで米を炊く→炊き終わった灰(あく)は また田んぼに肥料として蒔くわけです。

 

そうそう、ぬか釜のリバイバルプロジェクトを進めています。なかなか時間がかかっていますが、注文主の農家のお母さんの熱意に押されて、一歩一歩進んでいます。予定より大幅に遅れちゃっていますが、10月のイベントには完成させますよ!

【まだ来すた】の次には、ロレオールへ。

oigen

伊藤シェフとロレオールの庭で。

10月にロレオールで開催する”sustainability”をテーマにしたイベントにシドニーで地産地消の実践をしているシェフを呼ぶ計画があります。ローカルから発信していく。これがとても大事ですよね。そのシェフについて、エディがいろいろと話してくれました。

さて、昨年10月にエディの作ったタミパンをお見せいたしましょう。弾力のあるもちっとしたパンでした。

oigen

タミパン作成中のエディ。

 

完成!どや!!

 

oigen

そして、ミッシェルのタミパン。

 お知らせ*エディのボス【レィ】さんがOIGENの鍋のレシピをアップしています。ぜひご覧ください

関連記事

オンラインショップ

オンラインショップ

焼き焼きグリルシリーズ

オンラインショップ|ブランド

鉄器入門

鉄器入門

スタートシーズニング

愉しむをたのしむ

お手入れ方法

お手入れ方法

鉄鍋

お手入れ方法

お問い合わせ

お問い合わせ

レストラン・シェフの方

お問い合わせ