鉄器入門

スタートシーズニング

 

|鉄器の使い始め|

初めて鉄フライパンや鉄鍋を使う際は「シーズニング」をして、鉄器表面にしっかり油を染みこませます。
油が鋳肌に染みこむことで、食材の焦げ付きやサビの防止、鉄くささを落ち着かせる効果があります。
ここでは南部鉄器のOIGENのおススメ、鉄鍋や鉄フライパン、など鉄器すべてに使える、一番シンプルで、簡単なシーズニングの方法とコツをお伝えします。

スタートシーズニング1

①キャベツ等の葉野菜を用意する。
冷蔵庫にある野菜の残りや、皮などでもOKですが、初めてのシーズニングには特にキャベツがおススメ!理由は、香りや癖が少なく、鉄鍋に臭いが全く残らず、それでいて水分が少ないからです。

スタートシーズニング2

②鉄器を軽く洗って、表面に付着するほこりを取る。
余りゴシゴシせずに、水でさっと流す程度でOKです。

スタートシーズニング3

③火にかけ、しっかりと水気を飛ばす
鉄器使い方の基本でもあります。水で流した後は、水分をしっかり飛ばします。錆びの防止のための基本お手入れです。

スタートシーズニング4

④水気が飛んだらカレースプーン3杯程度の油を入れる
多めの油を鍋肌になじませるような気持で、加熱します。少し多いかな!?ぐらいが初めてのシーズニングにはぴったりです。

スタートシーズニング5

⑤鍋全体に油がまんべんなく染み込むようなイメージでシーズニングします。

スタートシーズニング5

⑥シーズニングの完了の合図は、炒めた野菜がしんなりして、生野菜感が無くなったら。シーズニング完了!

スタートシーズニング6

⑦シーズニングの済んだ鍋から野菜を捨てて、天然素材のタワシ(棕櫚タワシやパームタワシがおススメ!)でお湯洗いします。

スタートシーズニング7

⑧お湯洗いした鉄鍋や鉄フライパンを、火にかけ、水気をしっかり飛ばします。

使い始めのシーズニング完了!!

これで鋳肌にしっかり油が染み、鉄鍋や鉄フライパンの使い始め準備は完了です。
難しいと思われがちな鉄器の使い始め、実はとってもシンプル。油を敷いて、野菜を炒めるだけです。
ポイントは、水で洗った後は、加熱して水分をしっかりと飛ばすこと!
シーズニングで使い方のポイントを押さえたら、次は、いろいろな鉄器料理に挑戦し、自分だけの【南部鉄器】を育ててみてください。
毎日の料理時間が愉しくなること請け合いです♪

関連記事

フライパン一覧

鉄 フライパン

鉄 フライパン一覧

オンライン通販

ラッピング・熨斗

ラッピング・熨斗

ギフトラッピングいたします

お知らせ

鉄器入門

お手入れ

鉄鍋 / 鉄瓶 / 鉄急須

お手入れ

久仁子の部屋

非公式な販売サイト

久仁子の部屋

愉しむをたのしむ

及源品質

及源品質

及源品質

及源について

刻印について

刻印について

お知らせ

お知らせ

ものづくり/歴史

ものづくり/歴史

ものづくり/歴史

及源について

お問い合わせTOP

お問い合わせTOP

お問い合わせTOP

お問い合わせ