鉄鍋の使い始めと
お手入れ方法
お手入れ方法

鉄鍋

はじめて鉄鍋を手にされる方へ

鉄鍋は、ご使用前に必ず油ならしを行ってください。

鉄鍋の油ならし&お手入れ

  1. 鉄肌に付着しているホコリやヨゴレをタワシで水洗いします。水気を布やクッキングペーパーでやさしく叩くように、拭き取ります。
  2. 弱~中火で鍋全体が温まるまで加熱し、水分をしっかり乾かします。
  3. 火を弱め、鍋底を覆うぐらいに油を入れます。刻んだ葉野菜を入れ、鍋肌にまんべんなく油がなじむように炒めます。
  4. 2~3分程度炒めた後、火を止め野菜を取り出します。鉄鍋が冷めましたら軽くタワシで水洗いし、完了です。

鉄鍋使用後の取り扱い

  1. 鉄鍋使用後は天然素材のタワシ・ブラシ・ササラ等を使い洗ってください。
    ※クレンザー、スチールタワシは使用しないでください。
  2. 洗浄後、水気をふき取り適度に加熱し、水分を蒸発させ冷ましてください。
    ※油ヨゴレやニオイが気になる場合は、無香料の洗剤を適量ご使用ください。
    ※食洗機は使用しないでください。

鉄鍋に関して、よくある質問

Q. サビが生じましたが、人体に害はございますか?

A. 人体に害はございません。南部鉄器をはじめとする鉄鋳物にはサビが生じる場合がございますが、お手入れをしながらお使いください。

Q. 鉄鍋に生じたサビはどのように対処すればいいですか?

A. 天然素材のタワシ(棕櫚タワシやパームタワシ等)でサビが生じた箇所をこすり洗いし、その後、鍋の使い始めと同様に「油なじみ:たっぷりの食油で野菜くず等を炒める」をお試しください。
※鍋表面に傷がつく恐れがあるため、スチールタワシや金タワシのご使用はお控えください。
※油が鋳肌になじむことで、サビがある程度落ち着くと同時にサビの発生や焦げ付きも防ぎます。

Q. なぜ、鉄鍋の使い初めには油をなじませまるのですか?

A. 食材の焦げつきを防止するとともに、サビの発生を抑える効果があります。しっかりと油をなじませましょう。

Q. 食材が黒ずんでしまいましたが、なぜですか?

A. タンニンやフラボノイド系色素が多く含まれている食材は、鉄分と反応して黒くなることがあります。食材や商品に問題はございません。

鉄鍋を長くご使用いただくために

  • 空焚きし過ぎに注意しましょう。
  • 料理をいれたままにしないようにしましょう。
  • 鉄鍋を濡れたまま放置しないようにしましょう。
  • 放置せず、使い込むようにましょう。
  • 風通しのいいところに保管しましょう。
その他商品のお手入れについて

関連記事

鉄鍋一覧

オンラインショップ

鉄鍋一覧

オンラインショップ

鉄瓶一覧

オンラインショップ

鉄瓶一覧

オンラインショップ

鉄器入門

鉄器入門

スタートシーズニング

愉しむをたのしむ

お問い合わせ

お問い合わせ

レストラン・シェフの方

お問い合わせ