久仁子のへや

大船渡へ 羽釜おにぎり

事務所直売所に一ノ関市の及川様御一行様が いらっしゃいました。

及川さんは夜ごはんにいつもOIGENの羽釜を竈でお使いです。 
  炊いている最中はね蓋を決して開けない。松の葉で火をおこして、薪で炊くんだよね。」と
   かなりのこだわり様です。


14cdbb42.jpeg

 

   「3.11はライフラインが止まったけれど、
   この釜でごはんは炊けた。

  そして大船渡の友人におにぎりも届けられた。」

  
  えっ?あの時大船渡に行ったんですか?

  
  「そう。一ノ関からタンクに水を入れて、発泡
   スチロールにおにぎりを詰めて、北上経由で
   遠野から大船渡に入ったね。
   一般車は入れてもらえなかったけれど、
   水タンクを見せたら通らせてくれたね。」


  おにぎりを羽釜で炊いて?

 
  「
発砲スチロールに入れて5時間かかって
  行ったけれど温かさが残っていて、
  本当に喜ばれた。あの日は雪だったね」

505eb24f.jpeg
 活躍してくれました。羽釜!!

 よくぞ、逞しくがんばった!

 私たちが考えている以上に鉄釜は力を

 見せてくれました。

    egao_72.jpg

 

関連記事

オンラインショップ

オンラインショップ

焼き焼きグリルシリーズ

オンラインショップ|ブランド

鉄器入門

鉄器入門

スタートシーズニング

愉しむをたのしむ

お手入れ方法

お手入れ方法

鉄鍋

お手入れ方法

お問い合わせ

お問い合わせ

レストラン・シェフの方

お問い合わせ