周辺のおすすめスポット

素朴で上品な街 岩手県奥州市

日本旅行といえば、都会の流行が好きな友達はいつも東京や大阪など、何をするにも便利な大都市での“買い物天国”の話ばかり。また日本文化に憧れる人は、京都や神戸など、古跡がたくさん保存されている街へ行きます。レンタカーで旅行する人は、台湾と比べて少し涼しい沖縄は良いかもしれない。ウインタースポーツが好きな人たちにとっては、冬の東北や北海道は、一番のスキー名勝地。こういった旅行先を季節ごとに、人それぞれの好みに合わせて選びます。

今回ご紹介するのは、台湾人が一番には選ばないかも知れず、二番目にもならない場所。私も、二年前に仕事のために訪れなければ、一生この場所を知らないままでいたかも知れない。しかし、一度訪れると好きになるこの場所は、ほかの有名な街のような賑やかさはないが、素朴で上品な田舎の雰囲気がある。

ここは、仙台から北へ約新幹線で40分ほどの奥州市。岩手県は、日本の東北地方にあり本州で一番広い県ですが、人口密度は本州で一番低い県でもあります。そのため、自然景観や人々の素朴な生活の雰囲気が残っています。


今回は、成田空港着の飛行機で来ました。その行程は、成田エクスプレスで上野駅へ、さらに上野駅からは新幹線で、そこから水沢江刺駅までは2時間42分の列車の旅でした。この日は乗客が少なく、眠りたくない私は車窓からゆっくり景色を眺め、都会から田舎の風景へと少しずつ変わっていく景色を堪能することが出来ました。2時間ちょっとの旅は、車窓からの風景でのんびりとした旅を味わいました。

水沢江刺駅に着いたら降りる乗客は少なく、身にする格好から、ほとんどが地元の人たちのようでした。駅構内にも人は少なく、見たところ、スーツケースを持ち歩く観光客の姿もなかった。とはいえ、駅のロビーでは多言語対応の奥州市観光パンフレットが置かれていて、繁体字中国語版もありました。


観光パンフレットの表紙


パンフレットの中に駅周辺の美味しい牛肉や寿司の店がずらりと紹介されています。


細かく紹介されており、各地から来た観光客が、一目で行きたい目的地を調べられるようになっています。

残念ながら、アクセスは観光客には親切とは言えません。パンフレットは鉄道の紹介のみで、駅前に何台かのタクシーやバス停はあるのですが、観光で来る人にとっては、レンタカーの方が便利かも知れません。


駅を出ると、11月末の天気は良く気温は7度ほど、体感温度は約3度でした。長袖のセーター一枚と温かいコート一枚で十分。振り返って駅の建物を見ると、こういった白い壁に茶色の屋根、駅の名前が大きくその壁に書いてある。駅舎の屋根と同じ色合いのオブジェが広場の真ん中に置かれ、それらが空の青に映え、素晴らしいコントラストを生んでいた。豊かな自然の中に現れたモダンな佇まいが、当地の空気感をよく表している。

特に注目したいのは、現在MLBロサンゼルス・エンゼルスに所属している投手と打者を両立する「二刀流」の大谷翔平は、ここ奥州市の出身であることです。駅のロビーでは応援の“のぼり”がすぐ目に入り、街の中心地でも同じような“のぼり”が、あちらこちらに飾られている。きっと地元の人々は、彼のことをたいへん誇りに思っているのでしょう。

水沢江刺駅に着いた後の文章で、周辺にいくつかの観光名所やレストランを紹介します。興味のある方は、引き続き読んでみて下さい。

嬉しいことに2018年からは、いわて花巻空港から台湾への定期便が航行しました! そのため台湾からでも、奥州市に最も近い空港から良好なアクセスで行けることになりました。オフシーズンの往復航空券は約20,0000円台で、オンシーズンは約30,000円台。セールの時ならば8,000円台でゲットできる可能性もあり、とてもお得です! アクセスの面では、東北地方全体的にはレンタカーで回るのが便利で、公共交通機関による乗り換えを利用するのは少し大変かも知れません。いわて花巻空港については、こちらの文章を読んで下さい。:https://reurl.cc/dDRmy

ここを目指して来るにせよ、あるいは目的地までの途中に通りかかるにせよ、奥州市での滞在時間は半日以上がお勧めです。当地は鋳物の名産地で、特にコストパフォーマンスに優れており、自分用にもお土産用にも合うものがたくさんあります。地元で名高い南部鉄器のOIGENの商品が特に喜ばれています。また地元料亭の新茶家にて懐石料理を堪能するのも良いでしょうし、お寺巡りが好きな人には正法寺や黒石寺を拝観するのがお勧めです。他にもお洒落なカフェを楽しむなど、自分に合った楽しみ方を探してみてはいかがでしょうか? 宿泊を考えている人は、Airbnbで農家での民泊を探して、静かな田舎の夜を堪能するのもまたとない体験で非常に良いと思います。

日本をもう知った気になりましたか? あなたは、ここ岩手県奥州市で、新たな日本を発見するでしょう。

関連記事

オンラインショップ

オンラインショップ

焼き焼きグリルシリーズ

オンラインショップ|ブランド

鉄器入門

鉄器入門

スタートシーズニング

愉しむをたのしむ

お手入れ方法

お手入れ方法

鉄鍋

お手入れ方法

お問い合わせ

お問い合わせ

レストラン・シェフの方

お問い合わせ