たのしむをつづる

鉄鍋を育てる 『naked pan』


OIGENのプレミアムと言っても過言ではないnaked pan。塗装を施さない青みがかったグレー色が印象的です。naked panは工場で仕上げられた後、高温で焼かれて、酸化皮膜をまといます。青みがかったグレー色はその時に鉄器が変化してできた色で、油なじみが非常に良い状態になります。箱から出したnaked panは軽くお湯で洗って乾かしてから、まずシーズニングします。

シーズニング・鍋を温めて、油をたっぷり目に引いて、捨てても構わない野菜を十分に炒めます。

上の写真のようにしんなりとなるまで炒めます。naked panの表面に油が染み込みしっとりとしてきました。
野菜を捨てて、軽くお湯洗い、温めて水分を蒸発させます。シーズニング完了。

さて、野菜炒めを作ります。温めたnaked panに油を引きます。これも少し多めに入れます。 油が温まったら野菜を入れます。この時ジュっと音がするくらいが適温です。

シーズニングを1回、野菜炒めを4回行った状態のnaked panが写真右で、新品のnaked panが写真左。 しっかりと油が染み込んで、鍋を育てていく愉しみが実感でき、使い込むとしっとりと真っ黒になって、愛着の逸品に育ちます!

関連記事

NakedPan 片手24cm 深さ4cm

オンラインショップ

NakedPan 片手24cm 深さ4cm

南部鉄器 / フライパン

NakedPan 両手24cm 深さ4cm

オンラインショップ

NakedPan 両手24cm 深さ4cm

南部鉄器 / フライパン

鉄器入門

鉄器入門

スタートシーズニング

愉しむをたのしむ

鉄鍋のお手入れ

鉄鍋のお手入れ

鉄鍋

お手入れ方法