レシピ

本格台湾ぎょうざ「牛肉餡餅(シャーピン)」

特集記事の取材で訪れた台湾で、牛肉餡餅(シャーピン)という家庭で作る台湾ぎょうざをごちそうになりました。作ってくれたのは台湾の台北市にある台湾政治大学外国語学部日本語学科で教える葉秉杰(ヨウヘイケツ)教授。
そのあまりにもおいしい餡餅を日本でも作ってみたくて、レシピを教わって早速晩ご飯に作ってみました。

材料
個数・分量
シャーピン5個分

A具材

合い挽き肉 ... 130g
長ネギ ... 1/2本(細く輪切りにする)
 生姜のすりおろし ... 少々
醤油 ... 大さじ1
みりん ... 大さじ1/2
塩・こしょう ... 少々
     

B生地

小麦粉 ... 250g
少量のお湯 ... 適量
... 塩ひとつまみ

 

使用した鉄器 ・・・ネイキッドパン 両手フライパン

 

▽手順
①Aの具材を全て混ぜ合わせます。
②小麦粉に塩をひとつまみ入れ、お湯を入れながらBの生地を作ります。手に付かないように調整しながらお湯を足していき、こねていきます。
コツは、生地が手にくっつきすぎず、粉っぽくなりすぎてカサカサしすぎない程度に調整することです。生地が手にくっつきすぎる時は小麦粉を、粉っぽくなりすぎたら水を足して調整してください。
③Aを5個ずつ同じ大きさに分けます。
 Bも5等分(1=カレースプーン山盛り程度)しておきます。
牛肉餡餅1

④Bの生地を市販の餃子の1.5倍程の大きさに広げ、生地が重なる部分に水を少量付けながら、真ん中に寄せるようにAの具材をしっかり包み閉じます。(隙間があると焼いている途中に肉汁が溢れるので気を付けて!)平らに形を整えたらOK。
牛肉餡餅2

牛肉餡餅3 牛肉餡餅4 牛肉餡餅5

⑤フライパンを中火で予熱し、フライパンの上に手をかざし温かいと感じたら、油(オリーブオイルでOK)を少し多めにしきます。
⑥生地を閉じた裏側から先に中火で焼いていきます。
片面じっくり焼き、きつね色になったらひっくり返し両面きつね色になるまで焼きます。
牛肉餡餅6

牛肉餡餅7 牛肉餡餅8

⑦弱火にして、熱めのお湯を餡餅の下1/4がつかるくらい入れたらすぐ蓋をし、蒸し焼きします。
 ※火傷に気をつけてください
牛肉餡餅9

⑧水分が無くなったら完成です。
(最後に両面をひっくり返して少し焼き色を足してあげてもいいですね。)

牛肉餡餅10 牛肉餡餅11 牛肉餡餅12

ネイキッドパンの両手フライパンで焼いたら、狙い通り外はカリッと、中はもっちり、ジューシーに仕上がりました。焼き上がりに定評のあるネイキッドパンで焼いたからこその食感です。

上手く作れるかドキドキしながら作りましたが、以外と簡単に出来ました。
家族が笑顔で美味しそうに食べてくれたので、私もとっても嬉しかったです。特別な晩ご飯になりました。一口目は、熱々の肉汁が溢れてくるので、お腹が空いていても落ち着いて食べてくださいね!

関連記事

南部鉄器オンラインショップ

オンラインショップ

南部鉄器の老舗OIGEN

オンライン通販

ラッピング・熨斗

ラッピング・熨斗

ギフトラッピングいたします

お知らせ

鉄器入門

お手入れ

鉄鍋 / 鉄瓶 / 鉄急須

お手入れ

久仁子のへや

非公式な販売サイト

久仁子のへや

愉しむをたのしむ

及源品質

及源品質

及源品質

及源について

刻印について

刻印について

「OIGEN」「南部盛栄堂」 刻印について

お知らせ

ものづくり/歴史

ものづくり/歴史

ものづくり/歴史

及源について

お問い合わせTOP

お問い合わせTOP

お問い合わせTOP

お問い合わせ