レシピ

ごはん釜でむかごの不思議な炊き込みごはん

鉄のごはん釜で愉しむ 秋の珍食材”むかご”ごはん

OIGENスタッフは地元の農家さんを訪ね、山芋の赤ちゃんと呼ばれる‘むかご’狩りへ行ってきました。10月〜11月中がむかごが採れる時期だそうです。ちょうど今が旬ですね。

むかごについての詳しい説明とスタッフのむかご狩りについては≫こちら
むかご炊き込み1

むかごは、『消化を助ける・疲労回復・免疫力を高める』といった効果が期待されると言われています。’むかご’なんて、聞いたことも見たこともなかった私たち。こんなに栄養があるなんてさらに驚きです。

今回はスタッフが夢中になって集めたこのむかごを新米の炊き込みご飯でいただくことにしました。果たしてどんなご飯になるのでしょうか…!

むかご炊き込み5

むかごの炊き込みごはん

 

ごはんといったら、この鉄器の登場です!
南部鉄器のごはん釜『南部ごはん釜2合炊』を使って炊いてみます。
今回は焚き火で炊こうと決め、ホーロー無しのごはん釜を使います。

材料

 

ごはん釜2合炊き 2合分

白米 ... 2カップ
... 2カップ
むかご ... 100グラム

 

 

手順

  • 1.下準備をする。

    むかごは綺麗に洗い、お米は研いだ後、10分ほど浸水させます。
    ③浸水させたお米の水をしっかり切り、むかごと一緒にごはん釜に入れ、水を注ぎ少し混ぜます。

  • 2.ごはんを炊く。

    むかご炊き込み2
    ロストル中心部にごはん釜を置き、約10分加熱します。
    むかご炊き込み3
    ブクブクと沸騰してきたら、南部ごはん釜をロストルの端に寄せ、さらに約10分炊きます。
    ※吹きこぼれそうな時は蓋を一瞬開けてください。

  • 3.10分ほど蒸らして完成!

    むかご炊き込み4ごはん釜をロストルからおろし、10分ほど蒸らして完成。
    炊き上がりは、このようになりました。
    初めてのむかごの炊き込みご飯にスタッフ一同、少しびっくり。

むかご炊き込み5
混ぜてみると、ごはんとお芋の香りがふわっと広がります。

むかご炊き込み6

ドキドキしながらひと口目。
ん?意外に食べられる!とスタッフA。
南部鉄器のごはん釜がしっかり食材に熱を伝えてくれて、お米もむかごもホクホク!
むかごの歯ごたえは里芋とジャガイモの中間くらい。
特に味はしませんでしたが、少し苦いかな?という感じです。

また、地元の農家さんが、むがごの甘辛煮をしてみたということで
使い切らなかったむかごを、鉄フライパンで料理してみることに!
こちらもどのような味になるのでしょう。ドキドキ。

むかご炊き込み7

むかごの甘辛煮

 

材料

むかご ... 200グラム
ごま油 ... 大さじ1

[A]

   
醤油 ... 大さじ2
みりん ... 大さじ2
砂糖 ... 大さじ1
... 大さじ1
ごま ... 適量

 

 

 

 

 

 

手順

  • 1.むかごを中火で炒める。

    鉄フライパンを予熱し、ごま油をひきます。
    よく洗いしっかり水気を切ったむかごを鉄フライパンに入れ、中火で炒めます。

  • 2.[A]を加え、弱火で炒める。

    一旦火を止め、あらかじめ混ぜておいた[A]を注ぎ、弱火で炒めます。
    ※蒸気が出るので、勢いよく入れないようにしましょう。

  • 3.水分を飛ばし、ごまをふって完成!

    水分が飛んだらごまを適量ふりかけ完成。

むかご炊き込み7

初めて見る見た目にやはり戸惑うスタッフ一同。
しかしひとくち食べてみると
パクパク食べてしまう味と、ほくほくな食感に驚きました。
苦味も感じず、美味しいむかごのおつまみの完成です。

OIGENスタッフの南部鉄器で作る
初めてのむかごの炊き込みごはんとおつまみ作りはこれにて終了。
むかごに出会う機会がありましたら、ぜひ料理してみてはいかがでしょうか。
新しい季節の美味しい発見を、南部鉄器と愉しんでみてください。


関連記事

南部鉄器オンラインショップ

オンラインショップ

南部鉄器の老舗OIGEN

オンライン通販

ラッピング・熨斗

ラッピング・熨斗

ギフトラッピングいたします

お知らせ

鉄器入門

お手入れ

鉄鍋 / 鉄瓶 / 鉄急須

お手入れ

昔ながらのごはん釜で炊く ふっくら美味しいごはん

ごはん釜でふっくら美味しいごはん

昔ながらのごはん釜で炊く ふっくら美味しいごはん

愉しむをたのしむ

南部ごはん釜2合炊

オンラインショップ

南部ごはん釜2合炊

南部鉄器 / 鉄鍋

刻印について

刻印について

「OIGEN」「南部盛栄堂」 刻印について

お知らせ

ものづくり/歴史

ものづくり/歴史

ものづくり/歴史

及源について

お問い合わせTOP

お問い合わせTOP

お問い合わせTOP

お問い合わせ