レシピ

焼き焼きグリルぽっちゃり深形でタルティーヌ

ぽっちゃり深形 タルティーヌ

「タルティーヌ」とは、スライスしたバゲットやカンパーニュにお好みのジャムや食材をのせた、フランス式”オープンサンド”。フランスの一般家庭で親しまれている定番料理です。今回は2020年秋に新発売の「焼き焼きグリルぽっちゃり深形」を使って、お酒のあてにぴったりなちょっと大人な味の”タルティーヌ”をご紹介。

 

タルティーヌ

 

使用鉄器「焼き焼きグリルぽっちゃり深形」
分量:タルティーヌ 2個分

材料

パン...2切
オイルサーディン...30~40g
マッシュルーム...2個
たまねぎ...1/4個
にんにく...1/4片
モッツァレラチーズ...適量
パセリオイル...適量(生パセリでもOK)
ピンクペッパー...少量

 

ぽっちゃり深形 タルティーヌ
パセリオイルの作り方

細かく刻んだパセリをオリーブオイルなどのオイルと合わせたら完成!

 

手順

  • 1.下準備をする。

    ぽっちゃり深形 タルティーヌ
    パンを2~3cm程の厚さにカットし、マッシュルームは薄くスライスする。たまねぎも薄くスライスし、塩少々(分量外)で揉みしばらく置く。その後水分をよく絞っておく。にんにくはすりおろし、身をほぐしたオイルサーディンと合わせる。

  • 2.グリルでパンを焼く。

    ぽっちゃり深形 タルティーヌ
    温めた焼き焼きグリルでパンを両面焼く。(火加減:弱~中)

  • 3.材料をトッピングし、魚焼きグリルで焼く。

    ぽっちゃり深形 タルティーヌ
    パンに焼き色が付いたら火を止める。たまねぎ、マッシュルーム、オイルサーディン、最後にちぎったモッツァレラチーズの順でトッピングをし、魚焼きグリルの弱火で焼く。
    ※トースターをご使用の場合は、下記のレシピ動画を参照ください。

  • 4.チーズが溶けたら、ピンクペッパーとパセリオイルをのせて完成!

    ぽっちゃり深形 タルティーヌ
    ぽっちゃり深形 タルティーヌ
    チーズにほんのりと焼き色が付いたら、魚グリルから取り出し、パセリオイルとピンクペッパーをお好みの量かけて完成。

ぽっちゃり深形 タルティーヌ

鉄鋳物ならではの蓄熱力に加えて、深さがあることで増す「輻射熱」により、接地面だけではなく、側面からも熱が伝わります。スライスしたパンに食材をのせて焼いただけのシンプルな調理なのに、存分に”特別感”を味わえるおしゃれなタルティーヌ。専用ハンドルでテーブルへ運んで、アツアツをお愉しみください。
※輻射熱とは:電磁波が空間を伝わり、物体にぶつかる際に放出される熱のこと。

 

植山美里さん

レシピ/料理 植山美里

【プロフィール】
1990年京都生まれ。料理を通して食と自然がつながることをテーマに人が集まる場作りに従事。京都、徳島を経て、より“心地よく素のまま”でいられる環境を追い求め、自然豊かな岩手の地に。集まった人や食材、空間とのセッションのような料理を目指す。


関連記事

焼き焼きグリルぽっちゃり深形

オンラインショップ

焼き焼きグリルぽっちゃり深形

南部鉄器 / グリルパン

焼き焼きグリル

グリルで愉しむ
焼き焼きグリル

焼き焼きグリル

シリーズ焼き焼きグリル

焼き焼きグリルでグラタン

焼き焼きグリルで
グラタン

ぽっちゃり深形で里芋と酒粕グラタン

レシピ

焼き焼きグリルでおぜんざい

焼き焼きグリルで
おぜんざい

焼き焼きグリルで焼き餅のおぜんざい

レシピ

及源品質

及源品質について

こだわりの及源品質とは

及源について

刻印について

商品の刻印について

「南部盛栄堂」「OIGEN」の刻印について

及源鋳造のものづくり

公式な販売サイト

公式・非公式な販売サイトについて

「公式サイト」と「そうじゃないサイト」について

及源鋳造のものづくり

鉄器入門

お手入れ方法

鉄鍋 / 鉄瓶 / 鉄急須のお手入れ方法について

お手入れ方法