レシピ

焼き焼きグリルで焼き餅のおぜんざい

冬の寒い日に 焼き焼きグリルで温かい一品

独特の網目模様が特徴の鉄のグリル「焼き焼きグリル」で焼く餅は、きれいで芳ばしい焼き目が最大の魅力。「焼き焼きグリル」で焼いたお餅を使って、冬にふと食べたくなる料理”おぜんざい”を。一口一口ゆっくり味わって、食べ終わる頃には、すっかり体の芯からポカポカに温まります。食欲をそそる焼き目が絶品の焼き餅と甘さひかえめで上品な味わいの小豆でつくる、冬に愉しみたい一品をご紹介。

焼き焼きどっしり深1

焼き餅のおぜんざい

 

材料

切り餅 4個分

切り餅 ... 4個
小豆 ... 150g
きび砂糖 ... 50g
... 400cc
... 少々

 

 
 
 
 
Point

①焼き焼きグリルをしっかり温めてから、切り餅をのせること。
②豆の変色を防ぐため、”小豆を炊く”のは鉄以外の鍋がおすすめ。

 

手順 小豆を炊く

  • 1.小豆を弱火で炊く。

    小豆を水洗いし、たっぷりの水(分量外)とともに火にかける。
    弱火でじっくり炊き、沸騰したらお湯を流し、アクを取る。

  • 2.柔らかくなるまで、さらに炊く。

    再び、水(分量外)を加えて沸騰するまで炊く。沸騰したら弱火にして、全体を沸々させたまま、差し水をしながら柔らかくなるまで炊き続ける。
    ※差し水:麺類や豆類をゆでる途中で少量の水を加えること。温度を下げ、吹きこぼれを防ぎます。

  • 3.砂糖と塩、水を加え、ゆっくり炊く。

    柔らかくなったら、お湯を流し、小豆を軽くつぶす。砂糖、塩、水400ccを加えて、全体がなじむまでゆっくり炊く。

 

手順 お餅を焼く

  • 1.グリルを温め、お餅をのせる。 焼き焼きどっしり深2

    焼き焼きグリルが十分に熱くなったら、切り餅をのせる。

  • 2.弱火でお餅を焼く。 焼き焼きどっしり深3 焼き焼きどっしり深3

    弱火で両面焦げ目がつき、ふっくら膨れるまでじっくり焼く。

  • 3.小豆と合わせて完成! 焼き焼きどっしり深4

    煮つめておいた小豆とともに器に盛りつけて完成。

焼き焼きどっしり深5

 

小豆が砂糖とよくなじんで、柔らかくしっとりするのを待ちながら、「焼き焼きグリル」でお餅を準備。規則正しい形をした切り餅が、それぞれ個性的にふくらんでいく様子をじっと見守る時間も、また愉しいひとときです。程よい焼き色がついたお餅の芳ばしさと小豆の上品な甘さが絶妙な、焼き焼きグリルでつくる”おぜんざい”を寒い冬の日にいかがでしょうか。

植山美里さん

レシピ/料理 植山美里

【プロフィール】
1990年京都生まれ。京都、徳島にてカフェのプロデュースや宿の料理人を経験。料理を通して食と自然がつながることをテーマに人が集まる場作りに従事してきた。より〝心地よく素のまま〟でいられる環境を追い求めた結果、たどり着いた自然豊かな岩手の地。2017年より岩手奥州Cafe&Living UCHIDAマネージャーを務め、2019年よりフリーランス料理人へ。メニューにある料理を作るのではなく、集まった人や食材、空間や文化との一度きりのセッションのような料理を目指す。


関連記事

焼き焼きグリルどっしり深形

オンラインショップ

焼き焼きグリルどっしり深形

南部鉄器 / グリルパン

お餅にぴったりの鉄器は・・・

お餅にぴったりの鉄器

お餅にぴったりの鉄器は・・・

鉄器入門

鉄鍋のよくある質問

鉄鍋のよくある質問

鉄鍋のよくある質問

鉄器入門

ラッピング・熨斗

ラッピング・熨斗

ギフトラッピングについて

お知らせ

鉄器入門

お手入れ

鉄鍋 / 鉄瓶 / 鉄急須

お手入れ

久仁子のへや

非公式な販売サイト

久仁子のへや

愉しむをたのしむ

及源品質

及源品質

及源品質

及源について

刻印について

刻印について

「OIGEN」「南部盛栄堂」 刻印について

お知らせ