レシピ

焼き焼きグリルで芳ばしい 桜えびと細ねぎの焼きおにぎり

自宅でも芳ばしい焼き目が簡単に作れる「焼き焼きグリルどっしり深形」。表面の凸凹が直接伝える熱と、間接的に伝える熱をバランスよく効率的に供給することで、食材を美味しく焼き上げます。

今回は、「焼き焼きグリルどっしり深形」を使用した、焼きおにぎりをご紹介。芳ばしい焼き目と、ごま油と桜えびのなんとも食欲をそそられる香りに、ついつい手を伸ばしてしまうかもしれません。

 

焼きおにぎり

 

使用鉄器「焼き焼きグリルどっしり深形

【材料】

ご飯 ... 2合
桜えび ... 適量
細ねぎ ... 適量
生姜 ... 一片
ごま油 ... 適量
醤油 ... 10㏄
みりん ... 5㏄

 

【手順】

  • 1.下準備をする。

    細ねぎは小口切り、生姜はみじん切りにする。醤油とみりんは2:1の割合で合わせる。

  • 2.具材を混ぜ合わせる。


    手順1で準備した具材に、桜えび、ご飯を混ぜる。

  • 3.2の材料でおにぎりを作る。

    ごま油を手につけて、手順2で混ぜ合わせた材料でおにぎりを作る。

  • 4.おにぎりを焼く。


    焼き焼きグリルをしっかりと熱し、弱火でおにぎりを焼いていく。

  • 5.両面を焼く。

    少し焼き目がつくまで、両面を焼いていく。

  • 6.醤油とみりんを染み込ませる。

    おにぎりを一度取り出し、醤油とみりんを両面に軽く染み込ませる。

  • 7.再度両面を焼いて完成。

    両面がきつね色になるまで焼いたら完成。

 

POINT!

※手順7)弱火でさっと焼く程度でOK!火が強いとくっついてしまうので注意。



焼き焼きグリルどっしり深形では、大きめのおにぎりなら4個、小さめなら6個を一度に焼くことが出来ます。調理したら専用の着脱式ハンドルで食卓へ運び、そのまま器としてもお愉しみいただけます。明日の食卓の一品に、焼き焼きグリルどっしり深形で芳ばしい焼きおにぎりはいかがでしょうか。

 

植山美里さん

レシピ/料理 植山美里

【プロフィール】HP:Misato Ueyama
1990年京都生まれ。料理を通して食と自然がつながることをテーマに人が集まる場作りに従事。京都、徳島を経て、より“心地よく素のまま”でいられる環境を追い求め、自然豊かな岩手の地に。集まった人や食材、空間とのセッションのような料理を目指す。


この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • Pinterest

関連記事

焼き焼きグリルぽっちゃり深形

オンラインショップ

焼き焼きグリルどっしり深形

南部鉄器 / グリルパン

焼き焼きグリル

グリルで愉しむ
焼き焼きグリル

焼き焼きグリル

シリーズ 焼き焼きグリル

焼き焼きグリル「お餅」

焼き焼きグリルは「お餅」にぴったり

お餅にぴったりの鉄器は・・・

鉄器のふかぼり

焼き餅のおぜんざい

焼き焼きグリルで
おぜんざい

焼き焼きグリルで焼き餅のおぜんざい

レシピ

焼き焼きグリルでグラタン

焼き焼きグリルで
グラタン

ぽっちゃり深形で里芋と酒粕グラタン

レシピ

及源品質

及源品質について

こだわりの及源品質とは

及源について

公式な販売サイト

公式・非公式な販売サイトについて

「公式サイト」と「そうじゃないサイト」について

及源鋳造のものづくり

ものづくり/歴史

 及源MOVIE

OIGENものづくりムービー

及源について ものづくり/歴史