Q&A・鉄器入門

鉄急須のよくある質問【Q&A】

|鉄急須のよくある質問一覧|

Q1.急須の蓋裏がさびてしまいました。お手入方法を教えてください
Q2.急須内部のほうろうに茶渋がついてしまいました。お手入方法を教えてください
Q3.急須を使う時に気を付けることはありますか?
Q4.急須を使い終わった後のお手入方法を教えてください
Q5.急須は火に掛けて湯を沸かせますか?
Q6.急須でも鉄分は摂れますか?
Q7.急須はお茶を淹れること以外の愉しみ方はありますか?

 

 

Q1.急須の蓋裏がさびてしまいました。お手入方法を教えてください。

A.少々のサビは汚れてもいい布で、拭き取ることができます。それでもサビが気になる場合はお茶に浸した布を絞って拭き取ってみてください。さらに、食用油(椿油がおすすめ)を乾いた布等につけてさびた部分に優しくすり込むとサビ防止になります。

急須の蓋裏は湯気が当たってさびやすい部分です。使い終わった後は乾いた布で水気を拭き取り、蓋を多少ずらす、または裏返して湿気を逃がすことがサビ防止のコツです。蓋と接触する茶漉しのふちも錆びやすいので、よく拭いて乾かしましょう。

 

Q2.急須内部のほうろうに茶渋がついてしまいました。お手入方法を教えてください。

A.急須の内部(ほうろう部分のみ)が茶渋で汚れた時は、台所用漂白剤を使って茶渋をとることができます。急須に水を入れ、台所用漂白剤を適量加えて1時間ほど置いて、その後、洗ってください。
※ただし、くれぐれも洗い桶等に水を張って急須を丸ごと付け置きする漂白はお控えください。全体のサビや色落ちの原因になります。

 

Q3.急須を使う時に気を付けることはありますか?

A.急須を使う時は、落下などの強い衝撃や湯を沸かすなどの行為を避けましょう。落下の衝撃によってツルやつまみがとれたり、内部のほうろうが割れてしまったりする可能性があります。湯を沸かしてしまった場合も、ほうろうにヒビが入ってしまう可能性があります。急須はお湯を沸かす道具(鉄瓶)ではありませんので、湯沸かしには使わないでください。
※急須内部のほうろうが傷つき、ひびが入ったり割れたりした場合は残念ながらお使いいただけません。急須としてではなく、花器や小物入れとしてお使いください。

 

Q4.急須を使い終わった後のお手入方法を教えてください。

A.外側は軽くお湯洗いし、内部はスポンジで洗います。その後はふきんで水気を拭き取り、蓋と茶漉しを外して乾かしましょう。茶漉しのふちもさびやすいので、よく拭いて乾かしましょう。

 

Q5.急須は火に掛けて湯を沸かせますか?

A.急須で湯沸かしはできません。空焚きをしてしまうと内側のほうろうが割れてしまう可能性があります。鉄急須は茶漉しに茶葉を入れお湯を注いで使用し、茶葉の旨味を味わう道具としてお愉しみください。

鉄瓶と鉄急須の違い

南部鉄瓶と鉄急須の違い
一見するとそっくりな鉄瓶と鉄急須。
ぞれぞれの機能や特徴について詳しく教えます‼

鉄瓶と鉄急須の違い

 

 

Q6. 急須でも鉄分は摂れますか?

A.急須は内部にホーロー加工を施しているため、鉄分は溶出されません。

実は、鉄急須誕生のきっかけはOIGENの工場がある水沢地域の鉄瓶職人がサンプルとして作ったミニチュアの鉄瓶です。その小さな鉄瓶のサンプルが広まると、次第に「急須として使える」という話が出るようになりました。そして、今から60年程前にミニチュアの鉄瓶にほうろうを塗り茶こしを入れて鉄急須として作るようになったのがはじまりです。長い歴史の中で継承されてきたものづくりの技を、鉄急須でお茶を淹れながらぜひ味わってみてください。

鉄急須

南部鉄の鉄急須は水沢で生まれた

鉄急須の誕生
鉄急須の生まれた意外な理由とは?
コンパクトで見た目が良いだけではない、
鉄急須の生まれたお話し。

鉄急須は水沢で生まれた

 

 

Q7. 急須はお茶を淹れること以外の愉しみ方はありますか?

A. 急須はお茶以外にも様々な愉しみ方があります。例えば、急須を冷たく冷やして日本酒を入れるのもおすすめです。冷酒の冷たさを保ちます。また、出汁を入れてごはんと一緒に食卓へ出せば、おうちカフェのように出汁茶漬けに。レストランではソースなどを注ぐ演出にも使われています。


関連記事

鉄急須を愉しむ

鉄急須を愉しむ

鉄急須を愉しむ

愉しむをたのしむ

鉄瓶と鉄急須

鉄瓶と鉄急須

南部鉄瓶と鉄急須の違い

鉄器入門

鉄急須

鉄急須一覧

南部鉄器の急須を探す

オンラインショップ

ラッピング・熨斗

ラッピング・熨斗

ギフトラッピングについて

お知らせ

久仁子のへや

非公式な販売サイト

久仁子のへや

愉しむをたのしむ

及源品質

及源品質

及源品質

及源について

刻印について

刻印について

「OIGEN」「南部盛栄堂」 刻印について

お知らせ

ものづくり/歴史

ものづくり/歴史

ものづくり/歴史

及源について