鉄器入門

鉄瓶のよくある質問

|鉄瓶のよくある質問一覧|

Q1.鉄瓶がさびてしまいました
Q2.鉄瓶を長時間空焚きしてしまいました
Q3.鉄瓶で沸かした白湯に色味があります
Q4.鉄瓶で湯沸かしする際の水の量の目安はどのくらいですか
Q5.鉄瓶の内側が白っぽくなってきました
Q6.鉄瓶の外側の底面(火が当たる部分)が白く変色してしまいました
(ガス火や直火のみ)。
Q7.サビは人体に害がありますか?
Q8.鉄瓶で麦茶やルイボスティーなどのお茶を煮出せますか?
Q9.鉄瓶はIHで使えますか?
Q10.鉄瓶はストーブの上で使えますか?
Q11.鉄瓶はどれくらい鉄分が摂れますか?
Q12.鉄瓶のお手入れに洗剤は使えますか?
Q13.鉄瓶の長期保管はどのようにしますか?

 

 

 

Q1.鉄瓶がさびてしまいました。

A.鉄瓶は【内側】がさびても湯の色や臭いに異常がなければそのままお使いいただけます。人体に害はなく、飲用に差し支えありません。湯が赤くなり金気臭さが気になる場合は、煎茶等の茶ガラをだしパックに入れて煮出す方法をお試しください。サビの進行を抑える効果があります。鉄瓶の【外側や蓋】のサビは汚れても良い布で拭き取ります。さらに布に食用油 を染み込ませて気になる部分に押し当てるとサビ防止になります。

 

 

Q2.鉄瓶を長時間空焚きしてしまいました。

A.まずは、鉄瓶が冷めるのをお待ちください。水を差すと蒸気が上がり危険です。急冷はお控えください。鉄瓶が冷めましたら、内部をすすぎましょう(洗剤やスポンジは不要)。その後、再び火に掛けてお湯の様子を確かめ、色やニオイに異常がなければそのままお使いいただけます。

 

 

Q3.鉄瓶で沸かした白湯に色味があります。

A.白湯に濃い色味(赤み等)がある原因として、内側のサビが考えられます。湯が赤くなり金気臭さが気になる場合は、茶ガラをだしパックに入れて煮出す方法をお試しください。サビの進行を抑える効果があります。

 

 

Q4.鉄瓶でお湯を沸かす際の水の量の目安はどのくらいですか。

A.満水容量の8分目を目安に水を入れてください。これを超えるとお湯が沸いたときに吹きこぼれやすく危険です。
例)鉄瓶東雲亀甲1Lの場合は、一度に0.8ℓ程のお湯を沸かすことができます。

 

 

Q5.鉄瓶の内側が白っぽくなってきました。

A.鉄瓶の内側が白っぽくなった場合は、触ったり洗ったりせずそのままご使用ください。白い結晶は、湯垢と呼ばれる水に含まれるミネラル成分です。鉄瓶の内側をさびにくくし、お湯をまろやかな風合いにします。鉄瓶の変化を観察しながら”育てる”愉しみは、鉄瓶ならではの魅力です。

 

 

Q6.鉄瓶の外側の底面(火が当たる部分)が白く変色してしまいました(ガス火や直火のみ)。

A.鉄瓶の外側の底面が白く変色した原因として、使用時の火力が考えられます。少し火力を弱めてお使いいただくことをお勧めします。白くなった部分は油でお手入れします。まずは鉄瓶をヤケドしない程度に軽く温め、布に染み込ませた食用油(椿油がおすすめ)を気になる部分に優しく押し当てて馴染ませましょう。

 

 

Q7.サビは人体に害がありますか?

A.人体に害はございません。南部鉄器をはじめとする鉄鋳物にはサビが生じますが、使用していると自然に起こる現象です。鉄瓶の内側がさびても湯の色や臭いに異常がなければそのままお使いいただけます。

 

 

Q8.鉄瓶で麦茶やルイボスティーなどのお茶を煮出せますか?

A. 鉄瓶は火に掛けてお湯を沸かす道具です。湯沸かし以外でのご使用はお控えください。湯沸かしだけなので、使用後こすり洗いする必要はありません。沸騰後に湯を使い切り、蓋を取って内側を乾燥させます。余熱または空焚きで乾かし、水分を残さないことが長く使い続けるコツです。

 

 

Q9.鉄瓶はIHで使えますか?

A.IH調理器でご使用の場合には底の形状によって一部使えない商品(底径が小さい鉄瓶や底の厚みが少ない鉄瓶等)がございます。各商品ページや説明書をご確認ください。また、加熱の際は「弱」から始め「中」以下の出力でお使いいただくのがおすすめです。急激な加熱による底面の変形を防ぐことができます。

 

 

Q10.鉄瓶はストーブの上で使えますか?

A.ご使用いただくことは可能ですが、弊社ではストーブでの鉄瓶の使用を以下の理由でお勧めしておりません。
1.鉄瓶をストーブの上で使う場合は、沸騰した状態での使用でなければサビが発生します。そのため常に沸騰させておく必要がありますので、常にヤケドや火災に気を付けなければなりません。
2.ストーブを止めても、鉄瓶は蓄熱性が高いため熱い状態が続きます。熱いと知らずに触るとヤケドの恐れがあります。ストーブを止めた時には鉄瓶は直ちに空にして、湯気を逃がさなければさびることがあります。
3.長時間の使用で空焚きになった鉄瓶にあわてて水を足すと、熱せられた水蒸気が激しく出る場合があり、ヤケドの恐れがあります。
(ストーブの上で使用される場合は、常に蒸気が出る状態で使用し、ストーブを消した後は鉄瓶の湯を全部あけて乾かしましょう。)
以上の点に留意していただき、ストーブでご使用する場合はヤケドや火災に十分ご注意ください。

 

 

Q11.鉄瓶はどれくらい鉄分が摂れますか?

A.鉄瓶は微量の鉄分が摂れます。しかし、弊社は鉄分補給ではなく、鉄瓶を育てて愉しむことや、育てた鉄瓶で白湯を愉しむことなど、「手応えのある暮らしの愉しさ」を味わっていただくことをお勧めしております。

 

 

Q12.鉄瓶のお手入れに洗剤は使えますか?

A.鉄瓶は洗剤を使わず、内部のホコリ等が気になる場合は水で軽くすすぐのみにしましょう。

 

 

Q13.鉄瓶の長期保管はどのようにしますか?

A.水分が残っているとサビの原因になるので乾燥させた状態で保管するのがコツです。鉄瓶が乾いているのを確認してから、新聞紙など吸湿性の良い紙に包んで乾燥した場所に保管します。

 


関連記事

鉄瓶で白湯を

鉄瓶で白湯を

鉄瓶で愉しむ白湯のすすめ

愉しむをたのしむ

鉄瓶と鉄急須

鉄瓶と鉄急須

南部鉄瓶と鉄急須の違い

鉄器入門

鉄器入門

お手入れ

鉄鍋 / 鉄瓶 / 鉄急須

お手入れ

ラッピング・熨斗

ラッピング・熨斗

ギフトラッピングについて

お知らせ

久仁子のへや

非公式な販売サイト

久仁子のへや

愉しむをたのしむ

及源品質

及源品質

及源品質

及源について

刻印について

刻印について

「OIGEN」「南部盛栄堂」 刻印について

お知らせ

ものづくり/歴史

ものづくり/歴史

ものづくり/歴史

及源について