鉄器のふかぼり

鉄板風「ピアット」で唐揚げ!?ピアットの魅力増幅!

岩手県北部のまち二戸で「鉄板焼処-來-」を営む志賀シェフは、どんな料理でも鉄板の上でつくる鉄板職人。こだわりのハンバーグも、アヒージョも、唐揚げも。今回、鉄フライパン「ピアット」の可能性を探していた私たちは、志賀シェフからピアットを鉄板のように使い、唐揚げを揚げる方法を教えていただきました!ピアットはもともとピザを焼くために作られた鉄器。そんなピアットのふかぼりとして、新しいピアットの使い方をご紹介します。

鉄板焼きに向き合い続ける志賀シェフについてはこちら≫

 

準備するもの
・ピアット(今回は24cm使用)
・ピアットの蓋(ステンレスボウルに磁石フックをくっつけて蓋にします)
・鶏肉(今回は-來-の人気メニューで、なんと南部せんべいの衣を付けた鶏肉を使います)
・油(オリーブ油orサラダ油)
・お好きな野菜

 

手順

  • 1.あたためたピアットに油を引き、お肉を置いていく

    ピアット24cm
    ピアット24cm
    鉄器を温めてから油を引くと食材が焦げ付きにくくなります。(火力は中火)
    鶏肉の衣は南部せんべいです!

  • 2. 彩りに野菜をお肉のまわりで焼く


    パプリカやカブ、ブロッコリー等。

  • 3. 食材の上から円を描くように油をひき、塩コショウを振る

    ピアット24cm
    ピアット24cm
    油は3回まわしかけます。塩コショウは適量振りかけます。

  • 4.蓋をかぶせて、少し焼く

    ピアット24cm
    ボウルの蓋についてはこちら≫

  • 5. 円を描くように水を全体に注ぎ、蓋をする

    ピアット24cm
    ピアット24cm
    ピアットからの蒸気で蓋の中は水分と油分でみたされます。

  • 6.水が蒸発したら食材をひっくり返し、塩コショウを振る

    ピアット24cm
    鉄の器15cm3
    食材をひっくり返して、全体に美味しい焦げ目を付けましょう。

  • 7.円を描くように水を注ぎ、蓋をする



    さらに水を注ぎ、蒸し焼きします。

  • 8. しっかりと水分が蒸発したら完成



    出来上がり!

  •  

    まさかピアットで唐揚げが焼けちゃうなんて、びっくり!中までしっかり火が通り、焼きたてのお肉はアツアツジューシー!硬かった野菜も、柔らかく甘い味に。
    鉄板さばきとお肉のジュウジュウと焼ける音も、ここで味わえる料理の美味しさなのだと感じました。ピアットの新しい使い方を教えてくださった志賀シェフ、ありがとうございました!
    ぜひ皆様も「ピアット」で作る唐揚げに挑戦してみてはいかがでしょうか?
    また、県北に行かれる際には「鉄板焼処-來-」で志賀シェフの美味しい鉄板焼きをいただきながら、愉しいひとときをお過ごしください。


タグ:

関連記事

南部鉄器オンラインショップ

オンラインショップ

ピアット24cm

南部鉄器 / フライパン

志賀シェフインタビュー

-鉄板焼き処 來-

上等焼(nakedfinish)の鉄板でつくる料理人 -鉄板焼き処 來-

料理人に聞く

ピアット バゲットサンド

ピアットでバゲットサンド

ソトごはん バゲットサンド

レシピ

公式な販売サイト

公式・非公式な販売サイトについて

「公式サイト」と「そうじゃないサイト」について

及源鋳造のものづくり

鉄器入門

お手入れ方法

鉄鍋 / 鉄瓶 / 鉄急須のお手入れ方法について

お手入れ方法

OIGEN鉄器レシピ一覧

鉄器レシピ一覧

お手軽料理からプロの味まで鉄器で愉しむレシピ

レシピ

マルット&ソリット

プレミアムな鉄鋳物フライパン

マルット&ソリット

シリーズ MALUTTO&SOLITTO

ものづくり/歴史

 及源MOVIE

OIGENものづくりムービー

及源について ものづくり/歴史