レシピ

めしっこでおもてなし料理

みんなで料理を囲む時間が恋しくなる、この季節。
もてなす相手のために作る料理は、いつにもまして作り手の「想い」が増し美味しさもアップ。
同じ鍋を囲む時間、同じ料理を味わう時間をOIGENの”ほっこりなつかしい”めしっこで。
鉄鍋でいつまでも温かいおもてなし料理いかがでしょうか。

使用した鉄器 ・・・めしっこ

めしっこ1

 

秋刀魚のごま油煮と生姜混ぜごはん

めしっこ2

材料
個数・分量
ごはん2合分

秋刀魚 ... 2本
... 2合
ごま油 ... 適量
生姜 ... 2片
ナンプラー ... 大さじ2
... 小さじ2
糸唐辛子 ... 適量
大葉 ... 5枚ほど

 

 

手順

〈生姜ごはん〉
① 米をボウル等で研ぎ、ザルで水気を切り、米をめしっこに移す。
② 360ml の水を入れて30分ほど浸す。
③ 千切りにした生姜とナンプラーを入れて少し混ぜ、蓋をして中火で10分ほど加熱する。
沸騰して蒸気が出たら弱火にし、さらに10分ほど加熱する。
④ 火を止めて10分ほど蒸らせば、生姜ごはんが完成。

めしっこ2

〈秋刀魚のごま油煮〉
① 秋刀魚は軽く水気をふきとって、内臓を取り出す。

●秋刀魚内臓の取り出し方
秋刀魚の頭の付け根と肛門の手前に切り込みを入れて、頭を引っ張って内臓を取り出す。
② 頭と尾びれを切り落とし、4等分にぶつ切りにして塩をまぶす。
③ 秋刀魚が半分、浸るほどのごま油を鍋(めしっことは別の鍋)に入れて弱火でふつふつと煮る。
めしっこ3

④ 身を崩さないように気を付けながら返して、両面に火が通るまで煮る。
⑤ 出来上がった秋刀魚と秋刀魚を煮たごま油、糸唐辛子、千切りにした大葉を生姜ごはんに載せて完成。秋刀魚はそのまま生姜ごはんに載せても、ほぐして混ぜ込んでもOK

めしっこ4

 

アジアンビーフン鍋

めしっこ5

材料
個数・分量
4人分

鶏手羽元 ... 6本
ビーフン ... 80~100g
ねぎ ... 2本
椎茸 ... 3枚
生姜 ... 1片
八角 ... 2個
... 800㏄
醤油 ... 大さじ1
味噌 ... 小さじ1
豆板醤 ...
ごま油 ... 大さじ1

 

 

手順

①手羽元は塩をして少し置き、出てきた水分をキッチンペーパーでふきとっておく。
②ねぎは斜め薄切り、椎茸は縦4等分、生姜は薄切りにする。
③めしっこに水、手羽元、ねぎ、椎茸、生姜、八角を入れる。
④素材のうまみをじっくり出すように沸々するまで、弱火にかける。
めしっこ6

⑤沸々してきたら、醤油、豆板醤、味噌を入れる。
⑥味が整ったら、お湯で戻したビーフンを入れる。
(大きめの鍋で熱湯で5分位蒸らしたら、冷水で一度締めてから鍋に入れます。)
⑦最後にごま油をまわしいれて完成。

めしっこ7
めしっこ8

めしっこはほうろうを施している鉄鍋なので、ごはんはもちろんスープ料理や煮物など料理のバリエーションが広がるのが嬉しいポイント。和調味料のやさしく深い味に豆板醤のピリッと感がアクセントになるアツアツのスープでいただくビーフンもお手のもの!秋の味覚「秋刀魚」の旨味と香り豊かなごま油がよく染み込だ生姜ごはんも箸が止まらず、みんなで黙々と頬張ってしまいます。

「作る人と食べる人を繋ぐおもてなし料理」
和やかで温かいひとときをめしっこで愉しみませんか。

植山美里さん

レシピ/料理 植山美里

【プロフィール】
1990年京都生まれ。京都、徳島にてカフェのプロデュースや宿の料理人を経験。料理を通して食と自然がつながることをテーマに人が集まる場作りに従事してきた。より〝心地よく素のまま〟でいられる環境を追い求めた結果、たどり着いた自然豊かな岩手の地。2017年より岩手奥州Cafe&Living UCHIDAマネージャーを務め、2019年よりフリーランス料理人へ。メニューにある料理を作るのではなく、集まった人や食材、空間や文化との一度きりのセッションのような料理を目指す。

関連記事

めしっこ

オンラインショップ

めしっこ

南部鉄器 / 鉄鍋

めしっこでカフェめし

めしっこレシピ

めしっこでカフェめし

愉しむをたのしむ

昔ながらのごはん釜で炊く ふっくら美味しいごはん

ごはん釜でふっくら美味しいごはん

昔ながらのごはん釜で炊く ふっくら美味しいごはん

愉しむをたのしむ

ごはん釜のお手入れ

ごはん釜のお手入れ

ごはん釜のお手入れ(ほうろう無し、有り)

鉄器入門

ラッピング・熨斗

ラッピング・熨斗

ギフトラッピングについて

お知らせ

久仁子のへや

非公式な販売サイト

久仁子のへや

愉しむをたのしむ

及源品質

及源品質

及源品質

及源について

ものづくり/歴史

ものづくり/歴史

ものづくり/歴史

及源について