レシピ

小かぶと鶏ひき肉の炊き込みご飯

春と冬に旬を迎える野菜:小かぶをごろっと入れた炊き込みご飯をご紹介。葉は塩揉みして炊き上がったごはんに混ぜることで、小かぶのほくっとした食感や優しい甘さと一緒に味わうことができます。小かぶは柔らかく炊き上がり、ごろっとそのまま食べるのも、お箸で潰してから食べるのもおすすめです。葉も残さずおいしくいただくことができる、小かぶと鶏ひき肉の炊き込みご飯はいかがでしょうか。

小かぶと鶏ひき肉の炊き込みご飯

 

【材料】

白米 ... 2カップ
... 2カップ(400ml)
小かぶ ... 2~3個
鶏ひき肉 ... 100g
醤油 ... 10㏄(大さじ2/3)
みりん ... 10㏄(大さじ2/3)
... 10㏄(大さじ2/3)
... ひとつまみ
かぶの葉 ... 適量
塩(塩揉み用) ... 適量

 

【手順】

  • 1.下準備をする。

    米は洗い、水に一時間程浸水しておく。醤油、みりん、酒を合わせておく。小かぶは葉と実で切り分け、葉は細かく刻み塩揉みをして数分置き、出た水分を優しく絞る。

  • 2.実の部分をカットし、塩と和える。

    かぶの実は1/4~1/6の大きさにカットし、塩を加えて全体が馴染むまで和える。

  • 3.めしっこに白米と醤油、みりん、酒を入れて軽く混ぜる。


    めしっこに1で浸水させていた米と、合わせておいた醤油、みりん、酒を入れ全体を軽く混ぜる。

  • 4.3に鶏ひき肉、かぶの順番で入れ、中火にかける。


    3に鶏ひき肉、1で準備したかぶの順番で入れ、蓋を閉めて中火にかける。

  • 5.蒸気が出たら弱火にし、10分加熱する。


    蒸気が出てきたら弱火にして、さらに10分加熱する。

  • 6.火を止めて蒸らし、かぶの葉を入れたら完成!


    火を止めて蓋を開けずに10分蒸らし、かぶの葉を入れたら完成!

 

POINT!

※炊き上がりの色味を損ねないように、かぶの葉は入れずに炊飯するのがポイント。

※事前にかぶに焼き目をつけておくと、炊き上がりが香ばしくなります。



今回使用した鉄器
めしっこ

ガス火はもちろん、IH調理器でも使用可能な厚底設計で強度と耐久性に優れ、末永くごはんをふっくら美味しく炊くことができるごはん釜「めしっこ」。フチを高くして密閉性を高めることで、ごはんのうまみを逃がしません。沸騰時に吹きこぼれにくいのも特徴。内部はほうろう加工を施してあり、サビの心配がなくお手入れがしやすい、炊飯に最適な鉄鍋です。ごはんはもちろん、スープ料理や煮物などバリエーション豊富なお料理を愉しめます。

レシピ監修 美里さんより

冬の野菜をごろっと入れた炊き込みご飯をイメージした時に、小かぶが思い浮かびました。

夏野菜のような凝縮された旨みはないけれど、優しい甘みとほくっとした食感がご飯と合う気がしました。塩揉みしたかぶの葉の塩気がちょうどよく、生の食感も全体をバランスよく仕上げていると思います。

何より、めしっこで炊いたかぶの柔らかくて美味しいこと。

かぶはしゃもじで潰してご飯に混ぜこんでも良し、形はそのままにして添えるでも良し。炊く前に表面に焦げをつけるようにグリルしておくと、少し香ばしさも出て美味しいですよ。

 

植山美里さん

レシピ/料理 植山美里

【プロフィール】HP:Misato Ueyama
1990年京都生まれ。料理を通して食と自然がつながることをテーマに人が集まる場作りに従事。京都、徳島を経て、より“心地よく素のまま”でいられる環境を追い求め、自然豊かな岩手の地に。集まった人や食材、空間とのセッションのような料理を目指す。


タグ:

この記事をシェアする

  • facebook
  • twitter
  • LINE
  • Pinterest

関連記事

めしっこ

オンラインショップ

めしっこ

南部鉄器 / 鉄鍋

めしっこで玄米味噌ごはん

めしっこで玄米味噌ごはん

しらすと胡桃の玄米味噌ごはん

レシピ

めしっこでカフェめし

めしっこでカフェめし

チーズリゾット&ハーブミートボールのトマト蒸し

レシピ

めしっこでおもてなし料理

めしっこでおもてなし料理

アジアンビーフン鍋&秋刀魚のごま油煮と生姜混ぜごはん

レシピ

美味しい鉄鍋ごはんの炊き方4ステップ

釜炊きごはんのすすめ

美味しい鉄鍋ごはんの炊き方4ステップ

鉄器のふかぼり

ごはん釜のお手入れ

ごはん釜のお手入れ

ほうろう有り無し別

Q&A・鉄器入門

及源品質

及源品質について

こだわりの及源品質とは

及源について

ものづくり/歴史

 及源MOVIE

OIGENものづくりムービー

及源について ものづくり/歴史